FC2ブログ


Recent entries
2019/10/15 (Tue) 10/14 暗闇で踊れ
2019/10/14 (Mon) 10/13 プリンス録音術
2019/10/13 (Sun) 10/12 大雨特別警報

Selected category
All entries of this category were displayed below.

昨年の7月に群馬テレビで始まった“パチンコ&パチスロ・バラエティ番組”「~明日も絶対~パチるん?」の埼玉版&千葉版が、今月から放送開始となりました。ポクは、千葉版のディレクターを仰せ付かりました。
20060430032342.jpg
ちばテレビ/金曜日23:30~

千葉版のレギュラー出演者は、リスキー長谷川&松田純&パチ娘(3人いるが各回1人ずつ)。毎回ゲストを招いてパチンコ(orパチスロ)バトルを繰り広げる…、詳細は番組HPで御確認下さい!

とにかく、千葉県民の皆様に於かれましては、特にポクが初担当した来週&再来週(5月5日、12日)はカイヤ様がゲストですしで、必見です!よろしくメカドック!
スポンサーサイト




日本が 好きよと君が 言ったから
2月1日は 独立記念日


というわけで本日から、ポクはフリーランスの芸術家として活動することになりました。要は、自分で仕事を探し、自分でギャラを請求し、正しく納税すると…。何の保証も無い厳しい世界!という状況は今までと同様ですけど、より自由なぶん、苦労するだろうね。とは言え、今のところ「不安」な気持ちは殆ど無く、「とりあえず温泉でも行ってのんびりしたい」とか、「この際、人生最後のモラトリアムを楽しみたい」等という極めてダメ人間的な開放感に浸る、もう直ぐ誕生日を迎える32歳・独身、というわけだ。

とにかく生きる為に、便所掃除から出張ホストまでどんな仕事でも引き受けちゃいますので、お気軽に御連絡くさい。
よろしくメカドック!


スーフリ演出/構成/翻訳家
青木けん一

パチンコ★パチスロTV!などという不謹慎極まりないTV局がある。スカパー759chだ。その中の一つ、件名の番組をポクは担当している。

【内容:パチンコにおける最大かつ唯一の攻略法は「回る台を長時間打つ」こと。このテーマに正面から取り組みつつ、パチンコを打つ楽しさを視聴者に伝えていく番組です】

というシロモノだが、正直、パチ姫こと五月女圭紀あってこその番組だ。1日の実戦風景を前後半に分け各1時間。もちろん番組のメインは実戦台の演出だが、打ち手のタレント性抜きでは成り立たない。最近では素をさらけ出す芸風が定着し、某掲示板では酷い叩かれようだが…。

ポクはこの番組の立ち上げから参加した。最初はADとして。撮影・編集準備、協力ホールのリサーチなど、寝る暇もないほど過酷な3ヶ月だった。昨年の夏からディレクターとして復帰した。番組はもうすぐ2周年を迎える。先日、MA(音楽・SE入れ、ナレーション録り)の後、広尾の沖縄料理屋で決起集会が催された。番組を、そしてパチ姫を愛するスタッフたちに囲まれ、五月女さんは涙した。僕らは10周年を目指そうと誓い合った。改編の時期は間近。存続するかどうかは局の判断だけどね。

この番組に対する思い入れは強い。正直、現在のポクの生き甲斐いだ。自分の存在価値を確認できる仕事。チャンスを与えてくれたナノキューブ杉山P、そして誰よりもポクの唯我独尊な演出に気持ち良く応えてくれるパチ姫に感謝したい。

≪Directed by 青木けん一≫
①CR水前寺清子(ザ・リベンジ藤商事篇)
②CRあっぱれ応援団
③CRプリティバンド(クリスマス・スペシャル)
和泉純×パチ姫・新春特番2005
⑤CRおそ松くん
⑥CRうる星やつら
⑦CRFスターウォーズ(特別企画パチンコ・ウォーズ)
⑧CRFネオパワフル
⑨CRF湯けむり紀行(視聴者参加企画)
⑩CR新世紀エヴァンゲリオン
⑪CR都物語
⑫CRおよげ!たいやきくん
CR新世紀エヴァンゲリオン(年末拡大スペシャル)
⑭CR笑ゥせぇるすまん3
⑮CRF銀河鉄道物語
⑯CR新世紀エヴァンゲリオン・セカンドインパクト
⑰CRFインディ・ジョーンズ
⑱CRマツケンサンバⅡ
⑲CRF電車でGO!2
⑳CRスーパー海物語

20050624034040.jpg

20050624034024.jpg



日記にも書いたが、とりあえず本日で終了した。ダイジェスト制作の話があるにはあるが、人気急上昇のグォン様の著作権問題でボツになりそうな気配…。仕事の内容が内容なだけに、打ち上げは無い、だろう。発注元は、翻訳モノの老舗アウラ。引き続き仕事が貰えそうな気配だが、うちのプロデューサーがどう動くか…。どうせなら、日本語版の制作を一手に引き受けたいところだ。昨年春の仕事、NHK衛星放送・スポーツ大陸「めざせ僕らの“ワールドシリーズ”日本語吹き替え版」の翻訳・演出を担当したポクなら問題ないと思うのですが、どうなんでしょう先輩?

それはともかく、「太陽に向かって」だ。
①20話はちょっと長いね。最近の日本のドラマは12話完結が常識となっているし、それは関係ないとしても、まあ無駄なシーンが多かった。
②俳優陣はそれぞれ味があって良し。三友スタジオの韓国人アシスタント・キムさん情報によると、グォン様はあの自然な顔でバリバリ整形。ヒロインのルームメイト役・ボナは、韓国で絶大な人気を誇るバラドル。ジェヒョンは天才子役からの脱皮を図っている韓国版・安達祐実らしい。
③日記にも書いたが、その魅力は突っ込みどころ満載の作りにあると言える。シナリオ、台詞、カット割り、画繋ぎは、日本の常識では考えられない。だから、笑える。これが韓ドラの魅力なんだろうなぁ。でしょ、奥さん?


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 全身映像作家, All rights reserved.