FC2ブログ


Recent entries
2019/12/14 (Sat) 12/13 チロエ海域
2019/12/12 (Thu) 12/11 カヴァティーナ

【10:35】遠くで音が鳴っている。なんの音楽だ、これは?…あぁ、D12の「マイ・バンド」だ。ポクの携帯の着信音じゃないか。こんな早くに誰だろ? と、着信表示も見ずに電話に出る。

「おーざーす!高木っす!青木さん、今どちらっすか?」
「…今、何時?」
「10時35分っす!」
「…1時間半ほど遅れます!」

今日は『パチ姫』のロケハンだったのだ。大森に10時半集合。11時から「シンフォニー大森店」で店長さんと打合せ。やっちゃいました、久々に。同行の鈴木Pに詫びを入れ、飛び起きる。昨晩は何だかんだで2時くらいまで酒を飲んでいたし、歩き疲れもあったしで、ええ、良く眠れました。

【12:00】JR大森駅に到着。遠いな、しかし。途中でメール連絡が入り、スタッフの皆様は既に解散したとのこと。一人で店内をロケハン。地下にある店だが、広々としている。客付きはまあまあ。場所柄(西友ビルの地下にある)、奥様方がウヨウヨ。興奮を抑え、10分ほどで外に出る。駅前周辺をロケハンしていたら、コンビニのゴミ箱の前でオロナミンCを一気飲みしている青年を発見。ADの高木だ。

「なにやってんだ、キミは!?」
「おーざーす!渡辺カメラマン、1万円負けて帰りましたよ」
「質問に答えろよ…」
「あっ、もう皆さんバレまして、自分は、駐車場と昼飯し喰う場所をチェックしていたんす」
「…疲れてんの?オロナミンC?」
「あ、いや、別に疲れちょるわけじゃないっすけど、少しだけノドが渇いたんで、オロナミンCくらいが適量なんすよね」

この男、小動物みたいで可愛い。TVに出したら、レッサーパンダよりも受けると思う。3月に大学を卒業し、約2ヶ月前に博多から上京してきた。紛れもなく田舎モンだ。ポクは昔から九州男児が好きなので、この男も嫌いじゃない。

【13:10】JR四ツ谷駅に到着。『パチ姫』の制作会社ナノキューブに向かう途中で、「牛角食堂」に入る。初めてだ。存在すら知らなかった。ポクは大盛焼肉定食(ご飯の大盛は無料)、高木は焼肉定食&カレー

「2時まで禁煙はどうかと思うが、安いしさ、アリだな」
「自分、焼肉屋でバイトしてたんすよ!」
「こないだ聞いた。で、なんだよ?」
「いや、焼肉には結構うるさいっす」
「で、どう思う、この店?」
「特に旨くはないっすけど、安いけん、いいっす!」
「俺が言った事と同じじゃないか…」

【15:40】並木橋。各種打合せ。雑談。
【20:00】ブログ日記を書いて、仕事終了。今日は調布に帰るっす!
スポンサーサイト




【07:45】起床。昨晩床に就いた直後、M嬢から電話があり、不用意に長電話をしてしまう。来月の半ばの三連休に合コンをしようだと。合コンか、久し振りに聞いたなその言葉…。結局、睡眠不足だ。

【09:20】渋谷到着。並木橋の制作会社→神南の三友スタジオ。都合30分以上も歩き、朝から既に汗まみれだ。
【10:00】MTVのMA開始。
【10:20】終了。いいのかな、こんなんで? まあ、30秒のスポット×2本だしね。しかし、ナレーターのロミーさん、上手くなりました。約1年ぶりの再会。あの頃の彼女はまだ駆け出しの青二才で、色々注文を出した記憶があるが、今日は文句なし!素晴らしい!よっ、帰国子女!以上!

【10:50】「神戸らんぷ亭」でハムエッグ定食+納豆を食し、並木橋の制作会社へ舞い戻る。打ち合せの後、NHKの「シリーズ世界遺産100」の英語版制作のやっつけ作業。これはポクの仕事ではないが、担当ディレクターが本日は別件のロケの為、頼まれる。適当に処理し、再び渋谷の街を縦断。三友スタジオで完パケを受け取る。その足で、六本木のMTVへ納品に向かう。もちろん電車。
【14:45】無事納品。さ~て、どうするか?一杯いっとく?と思ったが、「新案件の資料が届いたので取りに来い」との連絡が並木橋から入る。まあ、急ぐ必要はない。昨晩の日記に書いたV嬢(六本木在住)に電話。出ない。ABCの落語コーナーで30分ほど時間を潰すが…。しょうがない、戻ろう。で、せっかくなので歩いて並木橋に向かう。そう遠くはない。

【16:00】息切れしながら到着。汗だくになった。腹が減った。途中のコンビニで調達したのは、最近 女&子どもの間で流行(?)の龍口春雨の坦々麺&梅ちりめん五穀米おにぎり。「へ~」3つくらいか?特に感想は無い。
20050630011648.jpg

【19:40】この時間に帰宅なんて非常に珍しい。途中で立ち寄ったコープ武蔵浦和店は、正に奥様だらけ。少なからず興奮を覚える。いかんねぇ~。夕食は、おろし竜田揚げ弁当&納豆。納豆が喰えるようになったのは、つい最近だ。まあ、それについては後で語りましょう。今日は歩き疲れた。何キロ歩いただろう?ちなみに、自宅から最寄の駅までも最速で15分は掛かる。とにかく疲れた。しかし、心地良い疲れだ。昨日が休肝日だったせいかな?体調が良い。早速、赤ワインで乾杯だ。ボトル1本。銘柄?野暮な質問はやめてけれ。酔えればイイじゃないか。


【10:45】起床。
【12:20】渋谷到着。普段なら12:00前に着く筈の埼京線が、人身事故で大幅に遅れた。並木橋へ向かう途中の飲食店・弁当屋は、文字通りごった返している。ポクは並んでまでして何かを喰ったり、何かのアトラクションに乗ったりするほど馬鹿ではないので、空いているコンビに入り、訳の分からない弁当を購入。無論、死ぬほど不味い。それでも人込みに入るよりは幸福、だと思う。

【13:00】仕事開始。「今日は暇だろ」と思っていたら、MTVよりA4半分に渡る直しの指令が届いた。新人ぽい女の子が担当だったので軽く手を抜いていたら…。畜生!
【22:40】3度の修正でようやくOKを頂いた。ホント、MTVって細かい。特にテロップに関しては、1ミリずれているだけで直せ!だからね。どうなってんだよ。黒澤じゃないんだからよぅ。頼むぜ。

【00:05】「吉野家」で豚丼並と生野菜サラダ。貧しいぜ、いい加減…。ストレスの溜まる日だったから、酒を呑みたいところだが、休肝。昨日誓ったことだしね。本日、唯一嬉しかったことは、V嬢から電話があったこと。以前お付き合いしていた女性。たまたま先週の土曜日に電話したら、「現在、使われておりません」。もう会うことはないだろうな、と思った矢先のことだった。電話を失くしたそうで、ポクの番号も覚えていなかったらしいが、彼女の友達が知っていたので事無きを得たと…。所詮、昔の女。それでも、小さな喜びを感じた出来事。男ってアホですよ、奥さん。



【10:40】起床。
【12:10】並木橋の制作会社で、ほか弁の牛塩丼。ちょっと前に発売開始の新メニューだが、死ぬほど不味い。こんなシロモノ、よく売る気になるよなぁ。それにしても、ほか弁の新メニュー群はハズレが多い。チーズメンチカツ、カムバック!

【23:15】MTV関連2本の編集手直し。もうこんな時間かよ…。そういえば、夕方に「富士そば」の天ぷらそばを喰った。なんだか天ぷらがいつもと違う感じがしたんですけど!大好きな「富士そば」にも裏切られ、落ち込む。

【00:30】自宅にて、牛丼とサラダ。あまりの蒸し暑さに、無意識にビールをグビリ!…しょうがねえな、明日こそは休肝日にしよう。

1992年頃に北関東で創設された「道楽を極める!」をテーマに掲げる秘密結社。活動内容は、所謂「呑む・打つ・買う」。人生設計など糞喰らえと言わんばかりに、世間一般から見れば非常に無駄な金と時間を費やし続ける血気盛んな野郎集団です。紆余曲折(仲間同士のイザコザ、結婚、etc.)を経て、現在の主要メンバーは5人となってしまいましたが、ポクらは戦い続けます。そこにナオンがいる限り。

≪会員プロフィール≫
松ちゃん/尺八グループ総帥
群馬県立大泉高校農業科中退→暴走族→土方→鳶職→長距離トラック運転手。独身。浜崎あゆみ信者だったが、最近急激にロリコン化しつつある。

オーシャン/広報部長
日本大学法学部卒業→土建会社営業。既婚・子無し。人種差別主義者。結婚3年目に突入も、毎日が離婚の危機。今年はいよいよか?数年前からインポテンツ。

ケン坊/東京・埼玉支部長
法政大学経営学部卒業→米国留学→パチプロ→TVディレクター。独身。潜在的白人至上主義者。

サトちゃん/特攻隊長
館林市立商業高校建築科卒業→大工→佐川ドライバー→住友林業→吉原ソープ店員→他多数→フリーター。バツイチ。機動力の高さはピカイチ。キャバクラ王。

しもやん/三等兵
館林高校定時制普通科中退→アイスクリーム販売→10年間引き篭り→機械工(派遣)。日本人及び素人童貞。フィリッピン人しか愛せない、愛したことがない。恐らく病気です。

≪後見人≫
K社長/終身名誉顧問
ヤクザにも物怖じしない遊び人。タガログ語堪能。

K営業部長/名誉相談役
老いらくの恋・達人。未だ精力は衰えず。

【15:30】起床。ほろ酔いでブログを書き、洗濯物を干してから寝たので、実際に眠りに就いたのは8:00過ぎだったと思う。まあまあの睡眠時間。シャワーを浴びて、リンゴジュース&ニッスイの冷凍オムライス。このオムライス、大変美味しゅうございます。タイミング良く、競馬の宝塚記念がスタートする。学生時代は夢中になっていた競馬だが、最近は興味薄。でも、GⅠくらいはチェックしておかないとね。勝ったのは、牝馬スイープトウショウ。井崎先生がなんと、馬番連単の一点予想で見事的中!万馬券だ。以前、NHKの番組「課外授業~ようこそ先輩~」の企画提案で、井崎先生に出演依頼をしたことがあった。手書きのFAXで頂いた返答は、「私は極度のアガリ症で、酒を飲まないと何も出来ないのです…」という内容だった。汚いながらも実に味のある字で書かれた、非常に丁寧かつユーモラスな文章に、とても感動した覚えがある。今年は先生、絶好調ですね。

【20:00】洗濯物を取り込み、ゴロゴロ、ウダウダ、ボーっと過ごした後、敗色濃厚な我が巨人軍を尻目に、北戸田ロジャースへ。まるで日本にあるスーパーとは思えないヒスパニックor中国内陸部な雰囲気に今日もまた圧倒されながら、食料&酒を調達。牛スジ煮込み&チラシ寿司、そしてワインで楽しむつもりだったが、カラダが酒を拒んでいる。今日はグラス一杯で止めておこう。

【23:50】ハッと目覚める。NHKスペシャルを観ている途中で、落ちてしまったようだ。自覚している以上に、相当疲れが溜まっているのかなぁ…。4月半ばから2ヶ月以上、殆ど休みのないハードな日々を過ごした。酒も毎日飲んでいた。最近、確かに体調が悪い。そりゃそうだ、少しは健康に気を使おう。幸い、今週も結構暇な1週間になる予定。肝臓と肺に優しいウィークにしよう。
【03:00】シャワーを浴び、サッカー観戦。メキシコ強いな。延長戦も気になるが、もうこんな時間だ。おやすみ。

【11:15】起床。寝たのは明け方だったが、意に反して目が覚めてしまった。一度寝入ったら10時間以上は平気でグッスリと眠り続けるポクの筈だが、最近、というか婆さんが倒れてから、中途半端な時間に起きてしまうことが多い。なんだろう、なんでだろう?顔を洗って、オレンジジュース&ニッスイの冷凍オムライス。途中まで観ていた映画の続きを再生。「ロック、ストック&ツー・スモーキング・バレルズ」 。監督は、マドンナを娶った神の子、ガイ・リッチーだ。しばらくの間(たぶん5年以上は)映画を観る意欲を失っていたポクだが、最近ぼちぼち観たいという欲求が出てきている。切っ掛けは、TV放映で観た「ノッティングヒルの恋人」。恥を忍んで告白すると、感動のあまり涙してしまった。理由は、…聞かないでくれ。 さて、「ロック、ストック…」だ。ガイ・リッチーなんてどんなもんだか、という感じで観出したのだが、…素晴らしい。スタイリッシュな映像、音楽、ストーリー展開、などというものは正直どうでもいい。とにかく俳優たちが素晴らしかった。出演している全ての俳優が、その魅力を全開している。余りの衝撃に、立て続けに頭から再生。そして、二度寝。

【18:20】飛び起きる。今日は、学生時代からの友人と久々に呑む約束をしていたのだ。
【19:50】20分遅刻して六本木に到着。新年会以来の顔合わせとなった某社団法人に所属する。大塚に住み独身貴族を気取っているが、所詮は“所沢愚民”。まあ、相変わらずの男だ。

【20:00】まずは「和民」で腹ごしらえ。“六本木で敢えて「和民」が最近のトレンド!”という話は聞いたことがないが、そんなことはどうでもいいじゃない、旧友との会話を楽しめればポクは満足だ。無論、長居はしない。適当にツマんで、速やかにアイリッシュパブへ移動。ギネス1杯。3軒目はモータウンハウス。モータウンハウスとは名ばかりの店だが、コロナを2本。4軒目はパワーハウス。個人的に酸っぱい思い出が詰まった店。コロナ1本&ウォッカトニック1杯。腹が減ったので天下一品。希代の批評家、吉田潤が「子どもには食べさせちゃいけない昭和の味!」と絶賛するスープが独特な有名ラーメン。ポクも大好き。最後6軒目はサントリー館。落ち着いて会話の出来る素敵な店。ポクのお気に入り。始発まで、と語り合う。正直どうでもいい話の連続だが、「どうでもいい話を互いの言葉で語り合うこと」、そこに重要な意味があるんだ。そこから芸術が生まれる。

【06:30】朝マックを歩き喰いしながら帰宅。歩き喰いなんて我が人生で初体験。もう二度としないから、神様許して!

【11:00】起床。
【12:15】埼京線・渋谷駅で降車。久し振りにマックグランを喰おうと思っていたが余りの混雑に、らんぷ亭の牛どん大盛りに変更。

【13:00】並木橋の制作会社にて仕事開始。説明が遅れたが、ポクは一応この会社に所属している。つ~か、この会社を中心に仕事をしている。社員ではないし、なりたくもない。いわゆるひとつの、腐れ縁で、ギャラの管理をして頂いている、という感覚だ。昨日の続き、MTVの仕事。なんだけど、御無沙汰となるフォトショップの使い方をすっかり忘れており、無駄に時間が過ぎていく。
【18:00】ダメだ今日は、クリエイトする気になれん!ということで、「太陽に向かって」の完パケを神楽坂のアウラ様に届けて直帰。埼京線に乗っていたら、無性にラーメンが喰いたくなって、以前から気になっていた「麺匠むさし坊」にトライ!カレーの師匠・船田Dも御推薦の店だ。一見客なので控えめに、「むさし坊らーめん・太麺・かため・スープ濃いめ¥680」をオーダー。つ~か、なんだよ、「麺はどうしますか?茹で方は?スープは?」って…。店側で決めろよ、店側で!しょうがねえなぁ…。で、味の方は、微妙だ。判断は次回に持ち越したい。イチオシとされる坦々麺と牛肉高菜飯を喰ってからだな。という理由は、店員の女の子が可愛いかったのと、無化調のせいか後味が良かったから。でもまあ、次が最後かなとも思っている。

【20:00】一旦帰宅してから、車で10分弱の所にあるパチンコホール「蕨トップス」へ。本日はパチ姫13時間体感記Ⅱのロケ日だったのだ。実戦機種は「CRウルトラセブン」、スペックが辛めだが話題の人気台である。苦戦中のパチ姫を冷かし、ポクは本来の目的である「CRエヴァンゲリオン」のシマへ。次回のパチ姫はこれを打つ。ディレクターとして台の演出を勉強しとかねばならない。要はロケハン。道釘良好。打ってみたら千円あたり27回転以上(33玉交換)。が、結局2万円ストレートでいかれてしまった。最近、調子悪いっす…。

【23:30】パチ姫を南浦和まで送って帰宅。生春巻きと雪印・さけるチーズを肴に、サッポロ北海道生搾り1000ml、カリフォルニアワイン・フランジア1000ml。さあ、明日から久し振りの2連休だ。

パチンコ★パチスロTV!などという不謹慎極まりないTV局がある。スカパー759chだ。その中の一つ、件名の番組をポクは担当している。

【内容:パチンコにおける最大かつ唯一の攻略法は「回る台を長時間打つ」こと。このテーマに正面から取り組みつつ、パチンコを打つ楽しさを視聴者に伝えていく番組です】

というシロモノだが、正直、パチ姫こと五月女圭紀あってこその番組だ。1日の実戦風景を前後半に分け各1時間。もちろん番組のメインは実戦台の演出だが、打ち手のタレント性抜きでは成り立たない。最近では素をさらけ出す芸風が定着し、某掲示板では酷い叩かれようだが…。

ポクはこの番組の立ち上げから参加した。最初はADとして。撮影・編集準備、協力ホールのリサーチなど、寝る暇もないほど過酷な3ヶ月だった。昨年の夏からディレクターとして復帰した。番組はもうすぐ2周年を迎える。先日、MA(音楽・SE入れ、ナレーション録り)の後、広尾の沖縄料理屋で決起集会が催された。番組を、そしてパチ姫を愛するスタッフたちに囲まれ、五月女さんは涙した。僕らは10周年を目指そうと誓い合った。改編の時期は間近。存続するかどうかは局の判断だけどね。

この番組に対する思い入れは強い。正直、現在のポクの生き甲斐いだ。自分の存在価値を確認できる仕事。チャンスを与えてくれたナノキューブ杉山P、そして誰よりもポクの唯我独尊な演出に気持ち良く応えてくれるパチ姫に感謝したい。

≪Directed by 青木けん一≫
①CR水前寺清子(ザ・リベンジ藤商事篇)
②CRあっぱれ応援団
③CRプリティバンド(クリスマス・スペシャル)
和泉純×パチ姫・新春特番2005
⑤CRおそ松くん
⑥CRうる星やつら
⑦CRFスターウォーズ(特別企画パチンコ・ウォーズ)
⑧CRFネオパワフル
⑨CRF湯けむり紀行(視聴者参加企画)
⑩CR新世紀エヴァンゲリオン
⑪CR都物語
⑫CRおよげ!たいやきくん
CR新世紀エヴァンゲリオン(年末拡大スペシャル)
⑭CR笑ゥせぇるすまん3
⑮CRF銀河鉄道物語
⑯CR新世紀エヴァンゲリオン・セカンドインパクト
⑰CRFインディ・ジョーンズ
⑱CRマツケンサンバⅡ
⑲CRF電車でGO!2
⑳CRスーパー海物語

20050624034040.jpg

20050624034024.jpg



【10:20】調布の婆さん宅で起床。学生時代、そしてアメリカから帰国した後の5年間、ポクは婆さんと一緒に暮らしていた。学生時代は爺さんもまだ生きていたけど。幼少時代、そして今も、ポクは婆さんのことを「あ~ちゃん」と呼んでいる。爺さんがそう読んでいたから。呼び名の由来は、聞かなかった。そんな婆さんが倒れたのは、約2ヶ月前のこと。持病の心筋梗塞でだ。2度目だったので覚悟はしたが、なんとか持ち堪えてくれて、今は自宅療養。基本的にポクの母親(群馬在住)が、介護している。チョイと理由有りでポクは両親姉と絶縁状態だったが、この緊急事態ではしょうがない、束の間の休戦。朝日新聞を精読した後、いくら丼大盛り2杯。北海道の広尾に住む母親の友人が送ってきた「黄金いくら醤油漬け」が売るほどあったのだ。死ぬほど秀逸。実際、その送り主の旦那は、この黄金いくらを喰い過ぎて40代前半にして逝ってしまった。ナ~ム~。

【14:00】NHK近辺の三友スタジオで「太陽に向かって」の本編集。編集マンの井口さんにシートを渡して、あとは見てるだけ状態。正直、この仕事はやっつけだが、さすがに最終回なので少しは感慨深いものがある。「韓ドラなんか興味なかったっすけど、いや~、結構ハマリますねぇ」と、井口さんも楽しみながらやってくれていたのがポクは嬉しい。彼はポクが一緒に仕事をした編集マンの中でも屈指の腕前だ。

【17:45】速やかに帰宅しようと思っていたら、急に仕事の発注があったので、並木橋の制作会社へ。MTV主催映画「ロボッツ」試写会のスポット編集だと。要は30秒のCM制作だ。画素材をバイク便で飛ばしたと連絡があったので「いざ鎌倉!」の構えだったが、納品は来週の水曜日と判明…。ホント、MTVって無駄なことするよなぁ。まあ、ギャラも破格なので許すが…。1時間足らずで画を繋ぎ、今日の仕事は完了。

【22:15】帰宅。今日の夕飯は、コープのミニ天丼、から揚げ、納豆ぶっかけうどん、サッポロ北海道生搾り500ml、カリフォルニアワイン・フランジア500ml。

日記にも書いたが、とりあえず本日で終了した。ダイジェスト制作の話があるにはあるが、人気急上昇のグォン様の著作権問題でボツになりそうな気配…。仕事の内容が内容なだけに、打ち上げは無い、だろう。発注元は、翻訳モノの老舗アウラ。引き続き仕事が貰えそうな気配だが、うちのプロデューサーがどう動くか…。どうせなら、日本語版の制作を一手に引き受けたいところだ。昨年春の仕事、NHK衛星放送・スポーツ大陸「めざせ僕らの“ワールドシリーズ”日本語吹き替え版」の翻訳・演出を担当したポクなら問題ないと思うのですが、どうなんでしょう先輩?

それはともかく、「太陽に向かって」だ。
①20話はちょっと長いね。最近の日本のドラマは12話完結が常識となっているし、それは関係ないとしても、まあ無駄なシーンが多かった。
②俳優陣はそれぞれ味があって良し。三友スタジオの韓国人アシスタント・キムさん情報によると、グォン様はあの自然な顔でバリバリ整形。ヒロインのルームメイト役・ボナは、韓国で絶大な人気を誇るバラドル。ジェヒョンは天才子役からの脱皮を図っている韓国版・安達祐実らしい。
③日記にも書いたが、その魅力は突っ込みどころ満載の作りにあると言える。シナリオ、台詞、カット割り、画繋ぎは、日本の常識では考えられない。だから、笑える。これが韓ドラの魅力なんだろうなぁ。でしょ、奥さん?

【10:35】起床。
【11:50】埼京線・渋谷駅で降車。昨日同様、並木橋の制作会社に向かう。途中のほっかほっか亭でから揚弁当の大盛りを購入。食い物の話ばかりだと決して芸術的ではないので詳しくは書かないが、ここのから揚弁当は“スパイスとレモン汁”。これが決めてだ。キクぜ!

【12:30】弁当を喰いながら仕事に取り掛かる。本日はBSフジで放送中の韓国ドラマ(件名)のフォーマット仮編集だ。「天国の階段」でブレイクしたグォン・サンウが初主演したTVドラマ。海軍大尉の彼と、1年前に恋人を亡くした女医・ヘリンとの純愛物語。なんだけど、脇役たちのコミカルな演技がケッコウ笑える、つ~か全体的に突っ込みどころ満載なので楽しく見れちゃうんだよな。「冬ソナ」さえ観ていないポクが言うのもなんだが、韓ドラの人気っつ~のはここら辺にありそうだな。気になる人はBSフジをチェックして頂きたい。御多分に漏れず放送後にDVDも発売するらしいが、購入したりレンタルしてまで観る価値のあるモノじゃあない。で、俺が担っている仕事は、簡単に言えば「尺調整」。既に日本語吹き替え版は出来ており、放送向けに短くするだけのこと。ただ、どういうわけか、向こうのドラマって毎回尺がバラバラなんだよなぁ…。でもまあ、好き勝手に切らせてもらっているし、かなり楽な仕事ですわ、ワハハハハ!

【21:00】とか言いつつ、ダイブてこずってようやく仕事終了。実は今回が全20話の最終2話だったのよねぇ、若奥さん。切るとこねえよっ!って感じでして…。しかも、ここの会社のノンリニアが調子悪くてさ、やってられないっすよ、先輩!

清原、確実に調子上がって来たな。ということで本日のポクは、調布の婆さんの家に帰ることにします。久しぶりに熊本千年ラーメンでも喰うか…。

【10:35】起床。
【11:50】埼京線・渋谷駅で降車。並木橋の坂上にある制作会社に向かう。途中の「ココイチ」でポークカレー弁当の大盛りを購入。
20050622002951.jpg
カレーなんか、自分の金で外食することなんて殆どしていなかった。カレーつ~ものは、自分で作って喰うものだと思っていた。学生時代は専ら、婆さんが作ってくれたハウス食品のジャワとかバーモントを喰っていた。

現在は、週に3回は喰う、ココイチのカレーを…。切っ掛けは、『和泉純のパチンコ最強伝説』を演出している船田Dだ。彼はカレーばっかり喰っている。詳しく書くと長くなるので割愛するが、彼の影響でポクが今、カレーを良く喰うようになったというのは否定できない事実である。

さて、ココイチのカレーだ。その草創期からフランチャイズ展開に至る過程は各店のカウンターに置いてある冊子に詳しいので割愛するが、ここでの基本オーダーは「ポークカレー、ライス400g」だ。ビーフカレーはちょいとシツコイ味なのでNG。トッピングは間違ってもしてはいけない。正直、最悪だ。鳴り物入りで登場した「手仕込とんかつ」に期待しながら大いに落胆したのは、ポクだけではない筈だ。…ポークカレー。これはクセになります。幼い頃、親父が連れて行ってくれた上野のカレー屋、その味を思い出します。

最近話題の「松屋」のスープカレー。最悪だ。辛いだけじゃん。

芸術家(アーティスト)
それになりたいんだポクは…。ダメならせめて、ラブ・シンボルくらいでも良いけど。ちなみに、自らアーティストと名乗ったプリンスは確かに天才的な芸術家だが、最近 無罪が確定した黒だか白だか判別不能のこれまた天才的な芸術家よりも若干、詰めが甘い。要するに、キ○ガイ度がね、勝てないっす…。蛇足だが、ポクは両者の大ファンであります。

それはともかく、端くれでも何でもいいから芸術家と呼ばれる人間に、否、呼ばれなくてもいいから勝手に自負できるくらいの人間。それを目指し日々努力するポクの思想・見解・日常を記したこのブログが、いつしや芸術作品になるんだって、奥さん!

とりあえず、噂真時代の「東京ペログリ日記」を目標としますが、決して日記ではない。

よろしくメカドック!


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2005 全身映像作家, All rights reserved.