FC2ブログ


Recent entries
2020/06/06 (Sat) 6/5 断腸の思い
2020/06/05 (Fri) 6/2・3・4 脱サラ

【10:35】起床。
【11:50】埼京線・渋谷駅で降車。並木橋の坂上にある制作会社に向かう。途中の「ココイチ」でポークカレー弁当の大盛りを購入。
20050622002951.jpg
カレーなんか、自分の金で外食することなんて殆どしていなかった。カレーつ~ものは、自分で作って喰うものだと思っていた。学生時代は専ら、婆さんが作ってくれたハウス食品のジャワとかバーモントを喰っていた。

現在は、週に3回は喰う、ココイチのカレーを…。切っ掛けは、『和泉純のパチンコ最強伝説』を演出している船田Dだ。彼はカレーばっかり喰っている。詳しく書くと長くなるので割愛するが、彼の影響でポクが今、カレーを良く喰うようになったというのは否定できない事実である。

さて、ココイチのカレーだ。その草創期からフランチャイズ展開に至る過程は各店のカウンターに置いてある冊子に詳しいので割愛するが、ここでの基本オーダーは「ポークカレー、ライス400g」だ。ビーフカレーはちょいとシツコイ味なのでNG。トッピングは間違ってもしてはいけない。正直、最悪だ。鳴り物入りで登場した「手仕込とんかつ」に期待しながら大いに落胆したのは、ポクだけではない筈だ。…ポークカレー。これはクセになります。幼い頃、親父が連れて行ってくれた上野のカレー屋、その味を思い出します。

最近話題の「松屋」のスープカレー。最悪だ。辛いだけじゃん。
スポンサーサイト




芸術家(アーティスト)
それになりたいんだポクは…。ダメならせめて、ラブ・シンボルくらいでも良いけど。ちなみに、自らアーティストと名乗ったプリンスは確かに天才的な芸術家だが、最近 無罪が確定した黒だか白だか判別不能のこれまた天才的な芸術家よりも若干、詰めが甘い。要するに、キ○ガイ度がね、勝てないっす…。蛇足だが、ポクは両者の大ファンであります。

それはともかく、端くれでも何でもいいから芸術家と呼ばれる人間に、否、呼ばれなくてもいいから勝手に自負できるくらいの人間。それを目指し日々努力するポクの思想・見解・日常を記したこのブログが、いつしや芸術作品になるんだって、奥さん!

とりあえず、噂真時代の「東京ペログリ日記」を目標としますが、決して日記ではない。

よろしくメカドック!


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2005 全身映像作家, All rights reserved.