FC2ブログ


Recent entries
2020/03/28 (Sat) 3/27 ガトーレーズン
2020/03/27 (Fri) 3/26 素っ裸のワタシ
2020/03/27 (Fri) 3/25 平家パイ

【10:20】システム部のS氏に促され起床。タバコ&コーヒー。
【11:30】ボッーとしていたら腹が減った。気合いを込めて、今日も鰻重だ。四ツ谷にはちょいと有名な鰻屋があるのだが、台風一過で“コレデモカ!”というくらいの陽射し。しょうがない、近所にある「ほか弁」の鰻丼。これが、ウソだろっ?!シャ、シャアか?死ぬほど旨い! これだから、人生って難しいです。

【15:00】フラフラ仕事をしていたら、『パチ姫』の極悪プロデューサーとしてお馴染みの杉山P、改め、杉山CEOに呼ばれる。ちょうど、劇映画専門のO監督が来社していたのだ。Oさんとは以前、短編映画の仕事で御一緒した。信じ難いほど温厚な監督さんで、当時セカンドの助監督を務めたポクは「これはドッキリに違いない!」と思ったほどだ。近々、某大手CS&ケーブル局の仕事でドラマを制作するとのこと。チーフ助監督をやらないかとの誘い。だが生憎、スケジュールが合いそうにない。が、撮影現場には、カメアシでも何でもいいので参加したいっす。昔から竹中さんの大ファンなんでね。
【17:00】ようやく、『パチ姫』の画完パケ&ナレーション原稿が完成した。ちょっと今回は、時間が掛かり過ぎだ。そしてその割には、それほど納得のいく作品が出来なかった。平均以上だとは自負しているが…。まあ、いいや、次回で頑張ろう。金曜日のMAで少しは挽回できるでしょう。

【18:00】帰宅の足で、愛車ポルシェに乗り込む。俺がハマーだ!
20050727231928.jpg
婆さんの次に大事にしていた我がオリエンタル・ポルシェだが、1年以上前に居眠り運転でトラックのカマを掘った際にフロントバンパーが軽く凹み、それ以来、「彼女に対する愛情が失くなりました!」…あれは名言だったな、花田君。

【18:40】結局、向かったのは、“トワイライトゾーン”、「北戸田ロジャース」。食料&酒を調達し、速やかに退散。マグロ尽くし寿司セット&キムチ風ホルモン鍋。ナイターを観戦しながら、アサヒ本生ゴールド1000ml。順調に、赤ワインへ突入。久し振りだなぁ、こんなにユッタリと酒を呑むのは…。「ひとり酒」―。昔から好きでしたけど、酔いが回ってくると少し寂しくなってくる。時計を見る。「まだ8時半だぜオイ!」。元気があれば、酔っていれば、何でも出来るという訳で、大宮あたりに単独突撃しようと思っていたら、上記の居眠り運転の大本の原因でもあるV嬢から電話。勢い長電話となり、いつの間にか怒鳴り合いが始まる。英語、日本語、○○○語を交えた激戦。お互い疲れ果て、電話を切った。もう金輪際、気性の荒い女とは付き合わん!!! と毎回ながら心に誓うが、でも好きなんだよなぁ、そういう女…。外出は止め、色々考えながら、赤ワイン。
スポンサーサイト




【12:30】V嬢からの電話で起床。夜行性の彼女がこの時間に?! 何事かと思ったが、「1週間近くも電話をくれないとは一体どういうつもりなんだ?」というクレイムだった。仕事柄、寝起きには自信のあるポクは、ミスのない丁寧な対応でこの案件を処理した。ネットで台風情報をチェック。夕方から深夜にかけてヤバイ!ということだったが、どうせ今日は徹夜仕事の予定だったので無問題。

【15:00】四ツ谷。「リンガーハット」で、長崎ちゃんぽん&めんたいジャコ飯のセット。今日は、『パチ姫』の最終仕上げとナレーション作成の作業だ。普通なら半日仕事だが、今回は①後半戦のナレーションが多い、②次回予告の編集が終っていない、ので徹夜だ。さあ、いつでも来い、台風!
【22:40】並木橋から電話があり、明日の打合わせはキャンセルとなった。やった~!今夜頑張れば、明日はスーパーフリーだ!と思うと、余計に仕事がはかどらない。小腹が減った。雨はまだ降っていない。始発で帰れるだろうし、それまで我慢する自信はあったが、散歩がてらコンビニへ向かう。何か変わったモノが喰いたいなと思っていたら、ペヤングの「超大盛やきそば」が目に留まる。ペヤングの「ソースやきそば」といえば、日清の「カップヌードル」やマルちゃんの「赤いきつね&緑のたぬき」に並ぶ、日本が誇る食の世界遺産だ。レッツ・トライ!とりあえず非常に身体に悪そうなので、ファイブミニも購入。感想は、あえて書かない。愛するペヤングの悪口は言いたくないからね。とりあえず2口喰って捨てました。

【00:20】撮影スタッフが帰社。今日は『パチ姫』のロケがあったのだ。通常は金曜日ロケなのだが、今回は撮影協力店側の都合で火曜日。制作サイドとしては、4日うしろにズレるとかなりハードなスケジュールとなる。しかも、鈴木P高木ADの話によると、姫の実戦展開に加え、様々なハプニングが起き、いつも以上に大変だったらしい。渡辺、もとい、浅草橋監督、御愁傷様です。スタッフが帰った後、早速、撮りたての素材をチェックする。“エヴァ”の次回予告は番組構成上、いつもより長いのでどうしようかと迷っている内に、見入ってしまう。笑える、実に面白い。ただ、編集ではカットせざるを得ないシーンばかりだ。可哀想だなぁ、渡辺さん(笑)。

【06:30】雨は結局、降らなかった。仕事も結局、進まなかった。そして、家に帰る気力は無い。まあいいや、と眠りに落ちる。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2005 全身映像作家, All rights reserved.