FC2ブログ


Recent entries
2019/11/20 (Wed) 11/19 冷血
2019/11/19 (Tue) 11/18 芝公園六角堂跡

【16:30】起床。オムライス。V嬢と熱々デート!の筈だったが、電話で話をしている内に口論となる。彼女は、ポクにとって初めての“元サヤ”ガールフレンドだ。「ラスト・サムライ」の異名を持つほど潔いポクは、別れた女性とは一切の連絡を絶つ。キッパリ、サッパリ!ついでに言えば、ポクは付き合っていた女性から「別れ」を切り出されたことは一度も無い。要は、関係の悪化を逸早く察し、自分が傷つく前に、ドロンする。えぇ、不器用ですから…。V嬢と別れた時も、「こりゃ、遅かれ早かれフラれるな。逝ってよし!」とスピリチュアルな自己カウンセリングを経て、自ら彼女の元を去ったのだ。しかし、V嬢は特別なんだとは認めたくないが、彼女のことを忘れられなくて昨年の10月、彼女の誕生日の前日に、酔った勢いで電話してしまった。…そんな事はさて置き、ポクもV嬢も、お互い何の成長もしていない。結局、同じ事の繰り返しかよ!というわけでもちろん、デートはキャンセル!自宅で一人イライラしていてもしょうがないので、男は仕事だぜ!

【22:25】四ツ谷。ハムとチーズのサンドウィッチ&マヨコーン・パン&クラムチャウダーを喰って、引き続き『パチ姫』の編集。
【00:10】V嬢から電話。再び口論となるも、最後は彼女が「ゴメンナサイ…」。いかんねぇ~。確かにポクが100%正しいが、女性に謝らせてはいけない。と、知っていながらも、ついつい意地を張ってしまう不器用なワタクシ。
【07:30】「めしや丼」で、目玉焼朝食&納豆。
【09:00】限界に達し、仮眠へ。
【10:40】起床。
【13:30】ハムとチーズのサンドウィッチ&野菜ポタージュ。
【20:10】いい加減、疲れた。仕事終了。
【21:30】帰宅。中華三昧の冷し担々麺&レモン・チキン&大根サラダ。アサヒ本生アクアブルー→缶酎ハイ700ml→赤ワイン。
スポンサーサイト




【13:40】起床。
【16:10】四ツ谷。「ほか弁」のカツ丼。『パチ姫』の編集。
【20:00】タイトルバックの編集が、なんとか終了。「より若く、より美しく、最悪でもそれなりに」をテーマに繋いだが、まあ、なんとか適当に仕上がったかなと、思いたい。10月の新クールから使用されるが、“ラテン・サマー!”という感じは「狙い」です!←ウソ。
【01:20】ハムとチーズのサンドウィッチ&きのこポタージュ。

【07:30】仕事終了。度重なる長電話がたたり、予定していた作業の半分しか出来なかった。別にいいのさ、夏だから。
【08:45】帰宅。月見とろろ蕎麦&ファイブ・ミニ。

【12:20】起床。昨晩、今世紀最大の美女A+嬢から遂に、

「アナタが好きよ。逢いたい…」

という有り難い言葉を引き出したが、その直後、何故か喧嘩となり、ついつい明け方まで激論してしまった。電話を切ったのはポクだ。その10分後、彼女から電話が掛かってきたが、無視した。更に20分後、メールが届く。

「もう寝たの? …ごめんなさい」

もちろん、これも無視。そして今週末、突然炎のごとく鹿児島に乗り込んで彼女を抱きしめれば100%落とせる!とは分かっていますが、百も承知ですが、今のポクには無理だなぁ。10歳若ければやってたけどね…。

【13:45】並木橋。「ほか弁」の新メニュー、とり天ぷら弁当。まあ、普通の味ですが、サッパリしてるし、たまにはイイかもね。本日は、学研アニメのキャラクター・モデリング。要は、平面から立体に起こす段階で発生する違和感の調整だ。主役は、CGディレクターA氏(3D専門)とアニメの原作者H氏(2D専門)。ポクの出る幕はありません。自分の意見は最小限に抑え、ひたすら調整役に徹する。…事務方って、大変だなぁ~。

【20:20】今日は何通メールを書いただろう?手が痛い。
【21:30】帰宅。中華三昧の冷し担々麺&大根サラダ&鳥の唐揚げ。キリン淡麗グリーンラベル500ml→焼酎貴族トライアングル。

【11:15】起床。婆さんは今日も生きている、が、目に力が無い。かなり弱ってきました。もうすぐ涼しくなるから、頑張れ!と言ったって、何を頑張るんだ?何の為に?…正直、「死ぬ前に何か言い残すことはないか?」と聞きたいところだが、聞けないよなぁ~。毒蝮じゃあるまいし。朝日新聞を精読した後、母親の作った御飯&あさりの味噌汁&ベーコン・エッグ&塩鮭&レタスのサラダ。

【13:00】並木橋。各種雑用。
【15:20】四ツ谷。『パチ姫』の編集開始。と思ったが、今回はサクッと繋げそうなので、それだけに、直ぐに手を付ける気にはなれない。とりあえず、タイトルバックの編集から始める。尺は15秒。ハッキリ言って、ポクの守備範囲外です。番組の“入り”であり、少なくとも1クールは使われるであろう大事なモノですが、どうでしょう、どうしたら良いでしょう?分かりません。
【20:40】とりあえず粗編集を終え、周囲の意見を伺うが、非常に冷たい反応…。か、勘弁して下さい。もう、いいや、適当にやっつけちまえ!と仕上げに入ろうと思ったが、そうだ台風が来るんじゃん!というわけで、川口市在住の佐藤Pに車で送って頂くことにした。業界ゴロのK氏アシスタント・プロデューサーのT女史も同乗。途中、湯島の「麺覇王」で夕食。薬膳が売りの台湾料理屋で、割と有名な店らしい。野郎3人は、世界一坦々麺と五目炒飯セット。炒飯は明らかにチンされたもので愕然としたが、坦々麺は結構マイウ~。「くるまやラーメン」の味噌ラーメンを上品にした感じ…。えっ? T女史は、薬膳カレーを注文。

「カレーじゃない、カレー風味の…、なんだろう?」
「辛い!痛い!ワァ、美味しい、すごく美味しい!」


たぶん、麻薬が入ってます。

【22:25】帰宅。ようやっと、ブログが自宅で書けるから、8月25日はサラダ記念日。赤ワインで祝杯を挙げ、各種長電話。来月の請求書が怖いです。



【12:00】起床。気分は未だ夏休み。

【13:20】並木橋。「ほか弁」のから揚げ弁当。大盛りは、そろそろ卒業しようと思う。決してダイエットではない。「あらいぐま」(アニメの仕事)の関係各位と連絡合戦。途中経過の“いーちゃん”、とてもカワイイ、が、尻尾が長すぎるので修正の指示を出す。
【17:30】『パチ姫』でお世話になっている杉山Pが来訪。ノンリニア編集機「エディウス」をチョイチョイして頂く。よっ、理科大!よっ、秋葉系プロデューサー!
【20:00】H女史(ポクのボス)、杉山P、W女史(業界ゴロ)と共に並木橋の「季さな」へ。どうでもいい話のオンパレード。今は昭和か?

【00:10】調布の婆さん宅へ行く途中、馴染みの「千年ラーメン」へ突入。店内は相変わらず、強烈な豚骨の匂い。ここの麺は最高!

九州福岡・熊本地方では、かたく生の様に見えるこの麺が特色で多くの人々に愛好されています。この麺を作るに当たり粉の神様、高島義弘先生、九州東福製粉のご指導を頂き、ここに完成しました。関東地方ではなじみのない味の麺です。三回食べて下さい。きっとくせになります。  店主

ポクは5回トライして、ハマりました。調布に住んでいた頃は、最低でも週に3回は通ってましたね。本当に美味いです、麺は…。ただ残念なことに、以前は替え玉無料で喰い放題だった(ポクは平均4玉喰ってました)のが、「大盛り御注文のお客様は2玉or3玉、それ以上の替え玉は150円頂きます」を経て、「替え玉は50円」になってしまいました。まあ、50円くらい別に良いのですが、なんかね、寂しいじゃないですか…。そのせいか、否、明らかにそのせいでしょう、最近は客付きも悪いようです。この日も、ポク一人しかいませんでした。頼むから、つぶれないでくれ!

【11:10】起床。
【12:45】並木橋。「ほか弁」のデミグラス・ハンバーグ弁当大盛り。特に急ぎの用事は無い。土曜日から自宅のLEO-NETがダウンしている為、ネットへアクセスした瞬間、何とも表現しようのない快感を得た。完全に“インターネット依存症”だな。考えてみれば、ニュース、天気、アダルトを始めとして、ほとんどの情報をネットから入手している。これはマズイ。やっぱりちゃんとエロ本を買おう!じゃなくて、新聞を購読しようかと考え中。

【21:00】ネットにアクセス出来ない我が家へ帰るのも馬鹿らしいので、V嬢に電話。が、「お腹痛い!もうすぐ寝る!」と軽くあしらわれる。「ノーシン飲んで、早く寝てね!」。…バファリン飲んでだっけ?どっちでもいいや、帰ろ。

【16:30】六本木、V嬢宅。起床。
【21:40】帰宅。読書。赤ワイン750ml。ポクの夏は終った。

【14:50】起床。中華三昧の冷し担々麺&チョリソー&大根サラダ。洗濯。体調が良いので、散歩に出る。タオル片手にガンガン歩く。ひたすら歩く。調子に乗って遠くまで来過ぎた。タクシーを拾って帰宅。俺はサザエさんか?

【18:00】愛車に乗り込む。
【18:45】六本木。V嬢をピックアップして、いざ横浜!
【20:00】みなとみらい21。横浜は初めてだというV嬢。狂ったように写真を撮りまくる。その勢いに負け、恥ずかしながらプリクラを初体験。一生の不覚。

【01:00】六本木。V嬢宅で軽く一杯。

【14:40】起床。和風スパゲッティ。読書中に落ちる。

【19:00】ナイター中継の実況音で、起床。先発は桑田だ。解説は原&江川。しかも、好投中。1失点で降板。何とも言えませんなぁ。とりあえず、頑張れ!喰うものが無いので、“陸の孤島”「北戸田ロジャース」へ。ドリンク関連を大量購入。
【20:20】帰宅。とろろ蕎麦&フライドチキン。読書。睡眠。酒。

【06:00】A+嬢とのトークを終え、床に就く。

【06:50】起床。ピザ2切れ&牛乳500ml。
【08:10】JR東北本線・車内で、我が人生最大級の腹痛に襲われる。吹き出る冷や汗。貴乃花親方もビックリな鬼の形相で、身体をクネクネさせていたら、隣のババアに睨まれた。勘弁してくれ…。
【08:20】上野駅。腹痛は治まった。それでもトイレに行くべきだと、さすがにポクも馬鹿じゃないので分かっていたが、本日の『パチ姫』ロケは朝一に色々やるべきことがあり遅刻は許されないので、意を決して銀座線に乗り込む。案の定、車両のドアが閉まった瞬間、再度、大規模な腹痛に見舞われる。手摺りをギュっと握り締め、耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍ぶ。よっ、日本男児!
【08:25】田原町駅。改札付近にトイレはなかった。目指すは、浅草六区ブロードウェイにある「パンドラ浅草店」、本日の収録ホール様だ。腹痛は治まらない。灼熱の陽射しの中、牛歩戦術を強いられる。「通常の汗」と「冷や汗」がドクドクと流れ続け、軽い脱水症状。それでも何とか、辿り着いた。タイミング良く、お店の方が裏口を開けてくれたところだった。撮影スタッフと辛うじて挨拶を交わし、トイレへ駆け込む。間一髪セーフ!
【08:55】結局、20分もトイレに閉じ篭っていた。撮影準備は着々と進んでいる。今回のホールは店内広々で有り難いのだが、実戦台の位置が微妙なので、いつもより面倒だ。原カメラマンと相談し、液晶カメラの位置を決定。店外に出て、新タイトルバック撮影用の場所探し。暑い。既にバテ気味だ。アクエリアスを一気飲み。

【09:30】秋葉系のP嬢と軽く打合せ。オープニング撮影開始、しようと思ったら、中国人の旅行客団体に囲まれる。経済同様、やはり彼らの勢いには勝てません。タイトルバック撮影。朝一にやろうとした私が馬鹿でした。時間も無いので中断。入店シーン撮影。P嬢、実戦開始。
【14:55】前半戦終了。前半戦エンディング&タイトルバック撮影。
【15:50】浅草ROX5Fの「悟食」で昼飯。
【16:25】店紹介&プレゼント紹介撮影。女性スタッフは全員、恥ずかしがって出演拒否。不本意ながら男性スタッフ2人の御出演となったが、親友同士ということで息もピッタリ。普段の半分の時間で撮影終了。有り難い。店内&店外カットの撮影。

【17:00】後半戦オープニング撮影。P嬢、実戦開始。
【21:55】本日の実戦終了。実戦台カット撮影。
【23:00】エンディングトーク撮影。撤収。お疲れ様でした。

【01:40】帰宅。とろろ蕎麦。ブログを書こうと思ったら、サーバーが故障中。まあ、いいや、疲れたし、寝よう、と思ったら、鹿児島のA+嬢から電話。アサヒ本生ゴールド500ml&赤ワイン750mlをやりながら、気を失うまでトーク。

【12:50】起床。
【14:20】並木橋。「ほか弁」のデミ・ハンバーグ弁当大盛り。各種野暮用をこなした後、「都はるみ」研究。さあそして、待ちに待った清原リングが届いた。肉眼で確認するのが困難なほど小さなダイヤモンドには拍子抜けしたが、死ぬほどカッコイイぜ!涙が出るほど嬉しい。今秋には間違いなく流行るな。

500a.jpg
◆ダイヤはどこでしょう?◆
500b.jpg
◆さりげなく横ズラシが基本◆

【20:00】MTVから連絡。試写の結果は…、1発オッケーだった。まあ、当然ですけどね。あれ以上の編集なんて、ありえない。

【21:50】帰宅。カツ丼&キムチ卵スープ。缶酎ハイ1050ml。


【04:00】六本木、V嬢宅。大きな銃声に驚き、飛び起きる。何事かと思ったら、目が覚めてしまったというV嬢が、アクション映画を大音量で観ていたのだ。こういうオンナなんだ、彼女は…。そこが、魅力でもある。もちろん一緒に映画鑑賞、している内に、障子をナニで突き破りたい衝動に駆られる…。
【06:00】今度は散歩したいと、V嬢が言い出した。それでもそこが、魅力でもある。もちろん、お付き合いする。気持ちの良い快晴。小さな公園を見つけた。コーヒーを飲みながら、トーク。
【09:00】さすがに暑くなってきたので、引き揚げる。トーク。
【14:20】さすがに仕事へ行かなきゃなので、トークを中断。

【14:40】「富士そば」で、冷やしたぬきそば。並木橋。『パチ姫』の進行台本を書き上げ、『ビー・クール』のスポット編集に取り掛かる。トラボルタとユマ・サーマンのダンスシーンに見惚れ過ぎて、作業が捗らない。本当にカッコイイ!有名な『パルプフィクション』のダンスシーンを遥かに凌いでおります。トラボルタは相当ワガママな俳優らしいが、踊りに関しては天才なんでね、許してチョンマゲ。
【22:20】度重なる睡魔に襲われながらも、なんとか完成。あとはMTVからの返事を待つのみ、っていうか、かなり“ビー・クール”な感じに仕上がった。これで直しが出たら、太陽のせい。

【23:10】「麺匠むさし坊」に2度目のトライ。今回は、むさし坊らーめん・太麺・かため・スープ濃いめに、この店の名物、牛肉高菜飯をプラス。まあ、普通に美味いが、騒ぐほどじゃない。帰宅。アサヒ本生ゴールド500ml。早く寝ようと思ったが、今夜もまたA+嬢を相手に、深夜まで『大人電話相談室』。夏だねぇ~。

【11:40】起床。
【13:00】並木橋。「ほか弁」の幕ノ内弁当。ワールド・レコード目前に迫っていた大盛り連続記録が、遂に途絶えた…。悔しい。仕事場には、ポク一人。MTVの素材は、まだ届いていない。別件の作業をしようか、とは考えなかった。ソファーに横たわって『マンゴーレイン』をじっくりと読み進めている内に、落ちた。

【17:00】電話に起こされる。MTVからの連絡。
【17:30】バイク便で、「MOVIE-UP」の素材が届いた。今回は、ジョン・トラボルタ&ユマ・サーマン主演の『ビー・クール』。10年前の傑作『ゲット・ショーティー』の続編だ。早速、素材をPCに取り込みながら観たが、かなり面白そうですよ、奥さん!やっぱりトラボルタは、ヤクザな役が似合います。さあ、一気に片付けちゃおうかな!と思ったら、音の素材が無かった。MTVに連絡。

【20:30】チャリンコ便で、CDが届いた。どうしよう、せっかく急いで送ってくれたんだから、編集しようかなぁ、しないとマズイよなぁ、と思ったら、未だ使用する曲が決まっていないとのこと。よっ、皆さんinサマータイム!これで心置きなく、V嬢とデートが出来ます。ギルガメッシュ!

【14:00】起床。昨晩、本格的な中国式マッサージを受けた影響だろう、全身が物凄くダルイ。なんとなく、近所を散歩。
【15:00】帰宅。チーズメンチカツ弁当&納豆&ファンタ・グレープ。

【18:30】目が覚める。読書中に落ちてしまったのだ。今日はV嬢とデートの約束をしていたが、依然として全身がダルい。とても都内をドライブする気にはなれん。恐る恐るキャンセルの電話をしたら、V嬢は風邪気味だという。ラッキー!じゃないや、お大事に。
【20:00】いつものインドカレー。アサヒ本生ゴールド500ml。読書。

【12:00】起床。総帥&三等兵と共に、近所の「山銀」へ。所謂、佐野ラーメン(青竹手打ち麺)で有名な(?)「山銀本店」の支店だが、何を隠そう本店よりも美味い、否、日本一美味いラーメン屋だと、「尺八グループ」は断言します!餃子、ニラレバ炒め、冷奴、生ビール、ウーロンハイ、そしてもちろん、ラーメン大盛り。
【15:30】せっかくの晴天、総帥官邸の中庭で、上半身裸になってサッカーに興じていたら、ジャパンがやって来た。昨日、久方振りの再会を果たした彼は、地元で営業職をしている独身貴族。一時期、約1年間、バンコクで放蕩の日々を送っていたという筋金入りの遊び人。彼のアダ名の由来は、中学1年の時に行われた英語の特別授業。アメリカ人の若い女性教師がやって来て、やたらソワソワする生徒たち。最初の授業で生徒一人一人が、髪金の先生に対し自己紹介することになった。

「I am the most erotic in Japan!」

それ以来、彼は“ジャパン”と呼ばれている。

【20:20】ちゃんこ屋の「江戸沢」で、新メンバーの加入を祝う「尺八グループ」の総決起集会。たらふく喰って、エンジン全開!満を持して、目眩く世界へ繰り出す。館林、佐野、足利、太田…。北関東の夜は、アツイ。

【02:30】解散。
【03:30】帰宅。鹿児島のA+嬢と朝まで生トーク。

【13:00】事務方のY宅で起床。冷えた緑茶を頂きながら、軽くバカ話。近所のチェーン店らしき蕎麦屋へ。小海老揚げミニ丼&かけそば。食後のお茶が美味かった。
【14:30】浅草。本日は『パチ姫』のロケハン。鈴木P&原カメラマンと合流し、各種チェック。客付きが良い、通路は広い、が、かなり騒々しい。今回も音声さんに苦労を掛けるのかぁ、で、お目当ての台は、非常に特殊な場所にあった。一同、頭を抱える。お店のマネージャーとの打合せで、同じシマの違う台を検討してみるが、様々な理由から、「都」はそこで打つしかないようだ。
【17:30】帰宅。
【18:30】愛車に飛び乗り、北へ。

【20:10】途中でオーシャンをピックアップし、総帥官邸に到着。“好きです、尺八”をテーゼに掲げる「尺八グループ」の約3ヶ月振りとなる幹部会だ。

「今夜はハッチャケちゃうんか~い!!!」

総帥は、既に出来上がっていた。実は、本日の18時からB小学校の同窓会が行われており、それを潰しに行くぜ!と元ヤンキーの総帥は2週間前から張り切っていたのだ。彼の突拍子もない発想に失笑するポクとオーシャンだったが、綺麗所だけを引き込んで飲みに行こう!という企画には間髪を容れず賛同した。

説明しよう!我々が通っていたD中学校は、A小学校の卒業生の60%、B小学校の卒業生の100%、C小学校の卒業生の10%から成り立っていた。どこまでいっても田舎者の集まりだが、敢えて言えば、街の中心にありマンモス校であったの出身者は都会的、街の外れにあり3クラスしかなかったの出身者は百姓的、勉強&スポーツ共に市内最低レベルであったの出身者は非人的であると、A出身の我々は主張していた。

とにかく、今夜はB小学校の同窓会が行われており、そこには「尺八グループ」のメンバーも若干2名参加していた。総帥官邸で待機するバカ3人。

【22:00】“寝業師”の異名を持つサトちゃんから連絡。

「まだ2次会の途中なんだけど、俺はさっき来たんだよ」
「T嬢は来てる?」
「来てる、来てる!でも最近、結婚したんだって」
「苦しゅうない、構わん。他はどう?」
「いや、それがさ、結構イケルんだよ」
「ホントかよ?みんな32、3だぜ?」
「まあ、ババアも多いけどさ、…いるっちゃいるよ」
「例えば?」
「T嬢でしょ、A嬢、O嬢、Y嬢…」
「O?Y?…覚えてないわ」
「とにかく、U嬢に相談して、なんとか連れ出すわ」
「ところで、三等兵は?」
「ああ、シモヤン?潰れてるよ…」
「使えねぇ、アホだ…」


【23:30】総帥官邸。サトちゃんから連絡。

「スマン!俺の力不足だ」
「帰っちゃったの?」
「いや、シダックスに行くことになったんだけど…」
「何?誰が来んの?」
「30人くらい…」
「いらねぇよ、そんなに!」


【00:00】とりあえず「シダックス」に到着した3バカ・トリオ。B小学校御一同様は、1階の大部屋。我々は速やかに2階の別室に滑り込んだ。サトちゃんに連絡し、U嬢T嬢を連れて来てもらう。き、綺麗だ!約17年振りに再会したT嬢は、確かに美しくなっていた。

「ケン坊~!!!」
「Tさん~!!!」
「うっそ~!ケン坊、背が高い!何で坊主なの?」
「まあ、まあ、まあ、っていうか、…Tさん綺麗だわ!」


とここで、興奮した総帥が『ポイズン』を歌い出す。うるせぇよ!

【01:00】T嬢と歓談中、トイレに行っていた総帥が慌てて戻る。

「み、見つかっちゃったよぉ~!」

アホだ。数分後、イイ具合に酔っ払ったムサ苦しい野郎連中が、我々の部屋に雪崩れ込んで来た。こうなると多勢に無勢。我々は拉致され、彼らのいる大部屋に連行された。そこには、懐かしい顔が一杯。楽しい。始めから素直に途中参加させてもらえば良かったのだが、総帥が、会いたくない奴らがいると…。これだから、元ヤンキーは困る。

【02:30】居酒屋、B小学校同窓会の4次会。この歳になると、見た目に大きな開きがある。独身連中は、やはり若い。見た目も気持ちも。しかしまあ、人生色々だ。サラリーマン、自営業、主婦、看護婦、学校の先生、ヤクザ…。
【05:00】楽しい同窓会が終了。何故か〆の挨拶をするポク。
【05:20】総帥官邸。有志の野郎連中と共に、気を失うまで酒。

【12:30】起床。ピザ2切れ&コーラ。 洗濯。読書。
【19:30】池袋。学生時代の友人と焼き鳥屋。バカ話。
【00:30】ラーメン商会。醤油とんこつ系のメーラン屋。
【01:30】大塚。終電を逃したので、事務方のYのマンションに泊めさせて頂く。エビスビールをやりながら、ひたすらバカ話。

【11:20】起床。
【12:50】並木橋。「ほか弁」のかつ重大盛り。これが意外と美味い。その辺の蕎麦屋レベルには達していると、ええ、断言しましょう。各種仕事の調べもの、連絡など。さて、ようやく、ポクのサマータイムの全容が見えてきた。

8/12、14、15、20、21、22

ほとんど土日じゃねぇか…。何をしろってんだ?

【18:40】常盤台。今週の頭に、父方の婆さんが大腿骨を折って、入院したのだ。94歳。いつ死んでもOKという感じだが、いまでも和服を装い、髪形に命を掛けているという“大和撫子”、であったが、さすがに最近はラリ気味らしい。506号室、ポクと気付くまでに10分くらい掛かった。毎日付き添いをしている叔母さんと、ちょうど入れ違いになってしまったようで、病室にはポクと婆さんのみ。しかも婆さんは、夕食を食べて薬を飲んだ直後だったので、かなりスリーピー。とりあえず会話を試みるが、如何せん入れ歯をしてないので、彼女の言っていることの9割強が意味不明…。仕方ないのでテレビに頼る。野球好きの婆さんに、今年のジャイアンツの不甲斐なさを語る。婆さんは、いつのまにか寝ていた。「94歳か…」と感心しながら、じっと、老いぼれた女の顔を見詰めていた。しばらくして、看護婦さんが尿瓶の取替えにやって来た。

「お婆ちゃん、もう帰りますね。また来ますよ」

その時、婆さんは「パッ」と目を見開いた。しっかりとした意志のある目でポクを見詰め、そっと手招きした。顔を近づけると、彼女はポクの坊主頭を優しく撫でてくれた。そして、「ムニャムニャムニャ」と何か言った。何を言っているのか、全く分からなかったが、言いたいことは理解できた。

【21:10】駅前の自販機でタバコ。ポクは10年以上前からJPSを吸っている。1080円を入れて、4回ボタンを押した。出て来たのは、JPS3箱とラッキーストライク・メンソール1箱。き、奇跡だ…。

説明しよう!今週、ポクの体調が悪かったのは、深夜の長電話の所為だ。例の、50年に一人の美女A+嬢が、連日連夜、ポクが寝ようとすると電話をしてくる。美女に対してはトロけるほど優しいポクは、当然ながら1~2時間はお付き合いしてしまう。まあ、それはコッチに置いといて、昨晩の話しだ。

「アナタ、まだJPS吸ってんの?」
「悪いかボケ!で、アンタは何吸ってんだっけ?」
「忘れたの?ラッキーストライクよ」
「そうだっけ?メンソール系だと思った」
「ラッキーストライクであれば、吸いたいんだけど…」
「あるじゃん!」
「ないわよ!」
「あるって!アフォか?」
「ない!ウソつき!」
「そんなウソついてどうすんだよ!」
「ない!絶対にない!」
「じゃあ明日、写メールしてやるよ」
「ふんっ!」


という、犬も喰わないヤリトリがありまして、本日ネットで検索し、その画像を写メしようとしたのですが、大人気ないと悟り、思い留まっていたのでした。それを踏まえた上での、上記に綴ったハプニングです。本当に驚きました、否、天命を感じました。これは奇跡だ、ポクは鹿児島へ向かうべきだと。このラッキーストライク・メンソールを持って、彼女の元へ向かうべきだと…。10年前ならね、確実に行ってましたよ。「ヒューストン⇔東京」、「ヒューストン⇔ダラス」、「ヒューストン⇔サンパウロ」、「東京⇔ブカレスト」等の遠距離恋愛を経験した私です。ええ、決して不可能じゃありませんよ。…否、でもなぁ、この歳になると、「埼玉⇔鹿児島」は体力の限界!無理だろ?「埼玉⇔大阪」ぐらいなら自信はあるけど、鹿児島じゃあね。勘弁してくさい!

【21:30】帰宅。ご飯&そーめん&納豆&本まぐろの刺身。最近、自分が何を食べたいのか、良く分からなくなってきた。酒だ酒、酒もってこ~い!

【11:00】起床。
【12:30】並木橋。久し振りの「マック」、トマトマックグランのバリューセット。あれ、不味くなってるんですが…。なんでだ?あのモチモチ感はどこへ行ったんだオイ!もう明らかに経費削減で品質が落ちてんじゃん!という判断は、とりあえず次回に持ち越します。

【15:00】素材が届く気配が無いので、MTVに電話。

「未だ入手できませんで、ええ、なんとか週末には…」

ポクの夏はいつ来るのかなぁ~、と呆然としていると、同僚のAI嬢が帰社。参考資料だと言って、夏木マリの新刊(?)『81-1』を渡された。昨日まで書いていた番組企画案が、夏木マリ絡みのものだったのだ。別に彼女の大ファンではないが、彼女の歌は大好きで、『九月のマリー』(小西康陽プロデュース)なんかは今でもよく聴いている。で、この本は“彼女が男に求める要素を書き並べたもの”で、要はアリガチなタレント本だ。30分強で読み終えたが、中谷彰宏よりも100倍マシであることは確実です。男性向けと謳っているが、実際は、彼女に憧れる女性たちが喜々として読むんでしょ?まあ、確かにカッコイイけどね。

「―いまだもって寄ってくる男達は星の数ほどいます。」

どうよ?シロウトに書けるか?50過ぎだぜ!

【19:00】MTVから連絡が入る。

「素材なんですが、来週の火曜日にお送りします!」
「か、火曜日?」
「ええ、それで納品は、出来上がったらということで…」
「で、出来上がったら?」
「ええ、夏休み期間ということで、先方も配慮してくれて…」
「でも、来週中には、ですよね?」
「いや、まあ、出来たらで良いですよ」
「はあ…」


電話を切り、「再来週で良いですよ」と言わなかったってことは、やっぱり来週中に欲しいってことだよなぁ、と呆然としていると、目の前に冷えたビールが。並木橋の社長、Mカメラマンの粋な計らいである。既に60代後半の人だが、いつも元気に酒を呑んでいる。ポクの身近にいる数少ない“真のアーティスト”の一人。正直、昨日から胃が痛くて、ビールという気分ではなかったが、最近話す機会が無かったので、軽くお付き合い。テーマは何故か、山田洋二。

【21:00】帰宅。唐揚げ&ポテトサラダ&キムチ卵スープ。ウーロンハイ500ml。

【11:00】起床。
【12:30】渋谷駅。昨日から読み始めた馳星周の『マンゴー・レイン』に熱中し、危うく乗り過ごすとこだった。馳星周と言えば、皆様御存知、『不夜城』で衝撃的デビューを飾った天才ハードボイルド作家。大沢在昌を凌駕するストーリーテリング、勝目梓を周回遅れにする勃起度を誇る彼の作品に、ハズレは無い。並木橋。「ココイチ」のポークカレー大盛り。昨日に引き続き企画案を練っていたら、MTVから仕事の依頼。

「で、納品日なんですが、まあ急な話で…」
「…はい」
「来週の17日になってしまうんですが…」


休みの予定だったが、選択の余地は無い。まあ、手間が掛からない仕事だし、スムーズに行けば今週中に納品!ってことも可能だしね、と自分を励ましていたら、四ツ谷の鈴木Pから電話。

「申し訳ない!ロケハンだけど、今週の土曜日!」
「えぇぇぇ~!」


仕事を頂けることに感謝!感謝!

【19:30】MTVから素材が届かない。いいや、仕事終了。
【21:00】帰宅。納豆巻き寿司&餃子。なんだか身体が酒を受け入れない感じだったので、缶酎ハイ350ml、更に倍!ウッシッシ。

【10:40】起床。
【12:00】並木橋。気になる政局をTVでチェックしながら、「ココイチ」のポークカレー大盛り。テイク・アウトだと、ライスとカレーが別れているから嬉しいよね。カレーを口に入れ、味わいながら飲み込み、若干カレーが口の中に残っている時点で、満を持してライスを頬張る。コレ、玄人のカレーの食し方です。で、例の法案は否決。いよいよ持って、盛り上がって参りました。いや~、夏だねぇ~。

【19:20】仕事終了。まあ仕事といっても、先週に引き続き実現不可能に近い番組企画案を練る作業にすぎず、あぁ、やっつけですよ。
【19:40】赤坂。V嬢とデート。全日空ホテルの36階にあるチョイと生意気な「マンハッタン・ラウンジ」に入ろうとしたら、V嬢が履いていたビーチサンダルの所為で、

「そちらは…、御遠慮願いたいのですが…」
「あぁ、やっぱり…。靴の貸し出しはしてます?」
「いや、申し訳ありませんが、しておりません」
(俺も伊達に熱海の若頭ルックじゃないので)
「まぁまぁま、それじゃあ、あのさ―」
強調文

とV嬢の方を振り返った時、彼女は文字通り、

「ケラケラケラケラ」

と笑っていた。か、可愛いぃ~、と思った。バカだね、男って。

【01:00】帰宅。月曜日の夜とは信じ難い優雅な気分で、赤ワイン。それはそうと、「富士フィルム」の新しいCM、いいよね?カズの笑顔が最高です。

【02:20】昨日の日記を書いた直後、携帯電話が鳴った。メールの方だ。着信表示は、予想通り、A+嬢だった。

「今どこにいるの?一人?」

酒を呑みながら、話をした。“愛は地球を救う”約3時間。

【13:00】起床。軽い二日酔い。いつものオムライスを喰って、今日は外出する気になれん!と、熱闘甲子園をBGMに、読書。
【19:30】突発的に、味噌ラーメンが喰いたくなった。というわけで、味噌ラーメン以外は喰うものが無いと言われる「くるまやラーメン」へ。味噌コーン・ラーメン&餃子&半ライス。ここの太麺が、ポクは好きです。

【20:00】帰宅して、テレビをON。なんだよ、桑田が先発だったのか?しかも好投かよ?見逃しちゃったよ!代打で江藤だよ!嗚呼、一生の不覚…。これは世界の常識だと思うが、敢えて言おう、桑田真澄は世界一のピッチャーだ。彼の投げる姿は、本当に美しい。もはやアート。江夏や江川も良かったが、彼ほどの色気は無かった。逸早く、桑田真澄を人間国宝に指定すべきだと、本気で思っている。サッポロ生搾り500ml。ひたすら読書&赤ワイン。


【03:00】ほろ酔いで「ザ・コミットメンツ」を鑑賞中、携帯電話が鳴った。遂に婆さんが逝ったか?と思って着信表示を見たら、なんと!我が愛しのA+嬢だ。今世紀最高の美女の一人。信じられん…。彼女と最後に会ったのは、今年の3月。以来の御無沙汰。

「元気?寝てた?」
「元気だよ、寝てないよ」
「久し振りねぇ~」
「何だよ、俺が電話しても出なかったくせに…」
「ごめんね、ワハハハハ!」


彼女は少し酔っていた。A+嬢は、ポクの恋人であったM嬢の親友で、死ぬほど美しく我がままで、ポクがM嬢と別れた原因でもある。人並み外れて感の良いポクは、一目惚れし易い体質である訳だが、A+嬢と出遭った時は、それこそ100分の1秒単位で恋に落ちてしまった。そして実際に話してみると、これが信じられないくらい気が合った。彼女もポクのことを好きだったと、神に誓って断言できる。ルックスはまるで釣り合わないが、我々がナイスカップルになれることは明白だった。しかしポクは、愚かなことに、まあ、人としてね、M嬢との交際を続けた。2ヶ月後、ポクは2人の前でバカ正直に本心を打ち明け、2人を同時に失った。

「鹿児島?鹿児島にいるの?」
「そう。すごい田舎だよ」
「…行ったことないよ」
「昨日、Mちゃんと電話で話したんだ」
「…」
「アナタ、冷たいね。彼女は今でも…」
「オイ!そんなことを―」


という訳で、劇空間トークは2時間以上に渡りましたとさ。

【14:00】起床。冷し坦々麺。掃除。読書。
【18:20】駅ビルの「靴の修理屋」。既に穢れてしまったであろう3代目“ブラック・メキシカン”を受け取りに。ボンデージ姿の彼女は、それでも美しかった。
3gene.jpg
◆3代目“ブラック・メキシカン”◆

【18:40】馴染みのパチンコ・ホールへ。なんだか急に打ちなくなったのだ。目当ての「スパイダーマン」は満席だった。なら、「エヴァ」を打つしかない。ここには生憎、ZFしかない。5千円入れた時点で、110回転@30玉交換。微妙だなぁオイ…。「まあいいや、1万円入れて帰ろう」と思ったら、追加1500円でミッション追加!確変!実は「エヴァ」で当たったのこれが初めてです、と感動していたらワンセット…。1箱飲まれた時点で、292回転。いいじゃない。そして322回転で、格納庫!もちろん確変!「今日はもらった!」と余裕をかましていたら、僅か3連チャン。ヤル気を失くし、時短後即ヤメ。

【20:40】“メルティングポット”「北戸田ロジャース」で食料&酒を調達し、帰宅。沖縄産もずく&キムチ豆腐ホルモン鍋&スモーク・チーズ。サッポロ北海道生搾り500mlの後、“焼酎貴族”トライアングル25をやりながら、映画三昧。




【12:00】起床。仕事柄、「寝られる時に寝とかないと」なのだが、ちょっとダレ過ぎだな。でもまぁ、夏真っ盛りだしね、気分はサマー・バケーション。やっぱり、日本でも8月は全休暇にすべきだよね。

【13:20】並木橋。「ほか弁」のデミグラス・ハンバーグ弁当大盛り。本日は、ミニ番組の企画案作り。ミニ番組の代表と言えば、テレ朝の『世界の車窓から』とか、フジの『アナザー・ヒーロー』だ。ポクに与えられた注文は、“あんな感じで、世界の港を扱った企画”。あんな感じって、…どんな感じだよオイ!「これも仕事」と割り切り、瞑想に入る。

【19:40】瞑想から醒めたらこんな時間!ヤバイ!
【20:31】武蔵浦和、駅ビル内の「靴の修理屋」。昨日オヤジは、店の営業時間は午後8時半までと言っていた筈だが、既にシャッターは閉まっていた。完全に俺のミスだ。あんな脱サラのオヤジに、メキシコから来日したばかりの生娘、“ブラック・メキシカン”を預けたのが間違いだった。一生の不覚!そして彼女は、処女喪失…。やり切れない気分でトボトボ歩いていると、何やら騒がしい雰囲気。どうやら、盆踊り大会のようだ。夏だねぇ~、と思ったが、ちょっと待て!また祭りかオイ?この町内で、ポクが知ってるだけでも、ここ2ヶ月ちょっとの間でこれが5回目の祭りだぜオイ!いくら夏だとは言え、チョット浮かれ過ぎだろ?まだ1年8ヶ月しか住んでないので良く知らないが、本当に怪しい町だぜ、ココは…。

【21:00】帰宅。そーめん&鳥のつくね&コロッケ&稲荷寿司。アサヒ本生ゴールド500mlの後、レモンサワーで盛り上がりながら、各方面と連絡を取り合う。ポクも今年は、4年振りに夏休み(といっても5日間程度だが…)が取れそうなので、大いに遊びたいと思っているのだ。キャァー!!!とか叫びたいよね、夏だもん。


【10:30】起床。婆さんは今日も生きている。最近は暑さで食欲も落ち気味らしく、水分の摂取量も十分ではないらしい。まあ、ここまで来たら、喰いたい時に喰えばいいし、飲みたい時に飲めばいいと思うが、このままじゃミイラになっちゃうよ。朝日新聞を精読した後、親戚のおばさんが作った、ご飯&シジミの味噌汁&アジの干物&鶏肉と里芋と椎茸の煮物&胡瓜とキャベツの浅漬け。とても美味しゅうございました。

【12:40】並木橋。幼児向けアニメの台本&登場キャラクター表を仕上げ、関係各位に送信。余裕をブッこいていたら、同じG社関連のT関係の仕事がヤバイという知らせが入る。あくまでも推測だが、どこぞのプロダクションが、うちの半額に近い見積もりを提出したらしい。どうなの?
【16:10】八丁堀。先週末に声を掛けてもらった仕事が、自分が受けられそうにないので(上記の話が完全にオジャンなら受けられるのだが…)、身代わりに並木橋のS君を連れて行く。東大出身のT社長に会うのは、約1年振り。研究室に似た仕事場は、相変わらずの“ケーオス&ディスオーダー”。

【17:20】アメ横。ブーツの底に穴が開いてしまったので、新調しようと思っていたのだ。何を隠そう、ポクは“ウェスタンブーツ・フェチ”である。最近、世間では「フェチ」という言葉が安売りされ、やれ「足フェチ」だ、「腋の下フェチ」だのと喧伝されているが、本来「フェチ」というのは、物質に対する性的倒錯なのである。例えば、風船を見るだけで勃起するとか、ハイヒールを触っているだけで射精できる人間でなければ、「フェチ」を名乗る資格は無いのだ。そのことを踏まえた上で、ポクは“ウェスタンブーツ・フェチ”である。大学2年生の時、吉祥寺で購入したイタリー製の“ミス赤茶色”(10万円)は、2度の大手術を乗り越え、11年間付き合った。ちなみに、本場テキサス州エル・パソで執り行われた最初の大手術の際、主治医である老齢のオヤジが彼女を見て一言、

「俺が昔、愛したオンナとそっくりだ。久し振りに見たな、これほど上等なオンナは…。坊主、こういうオンナは、もっと大事にしてやらんといかんよ。あぁ、こんなに傷んじまって…。はて、俺に治せるかな?…いや、ぜひ俺の手で治してやりたい。坊主、3日、いや1週間、俺に預けてみないか?元のベッピンさんに戻してみせるよ!」

オイラの“ミス赤茶色”は、あのオヤジに犯されたと思います。
さて、本日ポクが購入したのは、これが3代目となる“ブラック・メキシカン”です。2万6千円と安目のオンナですが、そのアグレッシブな風貌に惚れました。ただ、メキシコ製の限界なのか、耐久性はありません。1年ごとに買い換えなければいけません。っていうのも馬鹿らしいので、さすがに今回は店員にクレームをつける。

「同じブーツを3回買おうとしてる客なんて珍しいでしょ?」
「2回でも珍しいですよ…」
「見てよコレ!そんなに履いてないんだけど」
「覚えてますよ、1年前ですよね?」
「1年ごとにアンタに会いに来るのかオレは?」
「いや~、革のソールですからね、しょうがないかなと…」
「…でもさ、これが3足目だよ?」
「じゃあ、…10%引きで、どうでしょう?」


【19:00】武蔵浦和の駅ビル内にある「靴の修理屋」。ブーツのソールを“ラバー加工”してもらおうという訳だ。ポクも馬鹿じゃない。

「出来るけど、こりゃあ1日入院になるね」

このオヤジも「フェチ」なのか?それはともかく、ボンデージ仕様にして、僅か1600円だと。安い。どれほどの効果があるか分からないが、3代目“ブラック・メキシカン”とは、少なくとも3年間はお付き合いしたいと願っている。

【19:30】帰宅。ライス&インドカレー&鳥の竜田揚げ&イタリアンサラダ。2代目“ブラック・メキシカン”との別れを惜しみながら、アサヒ本生ゴールド500ml&カリフォルニア産の赤ワイン750ml&スモーク・チーズ。

20050804234243.jpg
◆2代目“ブラック・メキシカン”◆
20050804234300.jpg
◆役目を終え、一服する彼女◆


【10:30】起床。あれ、メールが来てる、と携帯をチェック。秋葉系のP嬢からだ。パチンコで大爆発!って時間でもないし、何だろ?と思ったら、このブログを知りましたという内容。彼女に限らず最近、仕事関係の人たちにこのブログの存在が知られ、ポク的には酷く恥ずかしい、穴があったら入れたい、じゃなくて、入りたい、心境であります。どうか皆さん、勘弁して下さい。特に『仮面の告白』は若い女性向け(もちろん、P嬢も含まれます!)ですので、諸先輩方はスルーして戴くのがスジかと考えます。でないと、国税局、警視庁、山口組、住吉、熱海の若頭が、全部協力してくれましてね。やってやろうじゃないかと言っておりますんで、御注意下さい。

【12:00】並木橋。「ほか弁」の幕ノ内弁当大盛り。昨日に引き続き、幼児向けアニメの台本作り。「いーちゃん、どうしたの?」、「わぁ~、たすけて~!」、なんて台詞を書いていると、童心に帰り、とても心が和みます。優しいな、俺って…。今なら、合コンとかやれば鬼モテかオイ!キャッ!

【20:20】読売巨人軍のHPで、今秋のトレンドとなりそうな「清原500号本塁打達成記念リング」をオーダー。消費税・送料込みで、1万6千円チョット。あ~、早く届かないかなぁ~。このリングをしているポクを見て少しでも笑った奴は、片っ端からバットで殴る! と、今日は若干、“ショーケン・モード”で仕事終了。本日は久し振りに、調布の婆さんに会いに行きます!

幼稚園の小振りな送迎用バスから降りて来た彼女の姿に、私は一瞬にして心を奪われた。透き通るほど色白な脚、すらっとした身体、そして亜米利加人を思わせる赤みを帯びた彫の深い顔。短めに整えられた頭髪は、薄茶色にカラーリングされ、毛先は軽やかにカールしている。石井先生は、その土地では違和感があるほど都会的な女性だった。彼女はにこやかに私に話し掛け、私の頭をなでながら、私へ誕生日プレゼントを手渡した。私は、ありがとうも言えずに、ただ、彼女の優しい瞳を見つめていた。やがて姉を乗せて出発したバスの窓から、手を振ってくれた石井先生に、私は辛うじて右手を挙げて応えた。

次の日から、姉の見送りが私の日課となった。石井先生がいつも送迎を担当しているわけではなかったが、私は毎日、彼女の為にキャンディーやチョコレートをポケットに忍ばせ、バスの到着を待っていた。それが、私の初恋だった。

つづく


【11:40】起床。
【13:20】銀行、「神戸らんぷ亭」で死ぬほど不味いカレー(サラダ無料キャンペーンにまんまと騙された)を喰って、並木橋。本日は幼児向けアニメの台本作成。既にOKを頂いた画コンテに、登場キャラ、ト書き、台詞、ナレーション、音楽&効果音の入り方、カットの尺などを細かく書き込んでいく。のだが、アニメなんて作った経験がないし、それ以前に劇映画でさえ学生時代に遊びでやっていたくらいの知識しかないので、大体ポクの専門はドキュメンタリー、もしくはモキュメンタリーなのだ、やってらんねぇ!が本心なのだが、それでも、「生きる為に…」と、1分以上絶句したのは高倉健さん@日本アカデミー賞だ。とりあえずネットを検索し、アニメの作り方をイチから勉強。
【17:00】ディレクターのN氏が来社。この人も“何でも屋さん”で、簡単なCGなら自分で作ってしまうという器用な人。非常にイヤラシイ顔(良い意味で)をした40歳独身、大阪の実家は「お好み焼き屋」というバリバリの関西人だが、意外と気が合う(ポクは基本的に関西人とは相性が良ろしくないのだ)。

「何やってんの?漫画か?」
「アニメっすよ!幼児向けのね…」
「あらいぐま?いーちゃん?うひゃひゃひゃ!」
「…」
「似合わねぇことやってんなオイ!うきゃきゃきゃ!」
「…」


やっぱり、関西人は嫌いです。

【20:30】いい加減アニメに飽きたので、仕事終了。
【21:45】帰宅。豚しゃぶ&梅ご飯&コロッケ&ソーメン。アサヒ本生ゴールド500ml。今日も、赤ワインは自粛。

「恋について僕が話そう」と書いたのは、秋元康。正に“言ったもん勝ち”です。

と言うわけで、我がブログのカリスマ・クレイマーA嬢の熱い期待に応え、極めて私的な恋愛小説が遂に始まりました。題して、「仮面の告白」。ストーリー展開の速度は、浦沢直樹先生の『20世紀少年』くらいになるかと思いますが、「私を抱いてそしてキスして」という優しい気持ちで末永く御見守り下さい。もちろん、女性読者限定です。そこんとこヨロピク!
↓↓↓
女性限定カテゴリー「金曜日の妻たちへ」

永いあいだ、私は“結婚しない族”であると言い張っていた。それを言い出すたびに女性たちは笑い、しまいには自分が否定されているのかと思って、この色白の日本人らしくない子供じみた顔を、かるい憎しみの色さした目つきで眺めた。

初恋は、3才のとき。東京育ちの両親、そして一つ上の姉と共に、私はその頃、北関東の小さな田舎町での暮らしを始めていた。祖父が創設した医療器具製作会社の工場が、これは今も青木家の七不思議の一つであるのだが、なぜかこの街に移転されたのだ。その当時、母親は「約束が違う!」と激怒したそうだが、私にとっては幸運だったと、今も思っている。教育熱心な母親は、可及的速やかに、その土地では珍しい私立の幼稚園を探し出した。一向宗の青木家を蔑ろにする訳ではないだろうが、そこは臨済宗のお寺が経営する幼稚園だった。年少組に編入した男勝りの活発な姉は、初めてとなる送迎バス通学を微塵の躊躇も無く受け入れた。内向的だった私は、しばらくのあいだ、その姉を見送りに行くことさえ出来ずにいた。

柱にしがみつき泣いて嫌がる私を、母親が無理やりその場へ連れ出したのは、2月14日のことだった。その日は私の誕生日であり、姉の担任でもある石井先生が送迎バスに添乗することになっており、その彼女が私にプレゼントを渡したいと、今思えば「引き篭りの私を外へ誘き出す」完全な策略だが、言っていたというのだ。以前より、姉から噂話を聞いていて少なからず石井先生に関心を抱いていた3才の私は、その罠にまんまと嵌り、バスの停留所へ向かう姉と母親の後ろをトボトボと付いて行った。

つづく


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2005 全身映像作家, All rights reserved.