FC2ブログ


Recent entries
2019/10/15 (Tue) 10/14 暗闇で踊れ
2019/10/14 (Mon) 10/13 プリンス録音術
2019/10/13 (Sun) 10/12 大雨特別警報

【14:30】起床。速攻N嬢に電話するが、出ない。嗚呼…。昨晩の反省会の途中で、総帥特製の味噌ラ~メン。ボーノ!
【18:50】「山銀」、改め「もりんじ亭」で、ヒレかつ定食。ボーノ!

【22:00】帰宅。牛乳と卵のシュークリーム。下町のナポレオンをチビチビやりながら、読書、そしてフォーミュラ・ワン開幕!新規参戦を果たした「スーパー・アグリ」は、案の定ダントツで遅いが、とにかく偉い!来年こそ頑張って欲しい!…思えば、鈴木亜久理の登場は衝撃でした。あのクソ生意気なインタビューの受け答えは、ポクはビデオに録画し何度も見返してモノマネをマスターしたほど大好きでしたが、世間的にはかなりの反感を買い、しかしその後のJリーガーたちに多大な影響を及ぼしたものと思われます。とにかく、最低でも3年間は参戦できるよう、頑張って欲しいニャ。
スポンサーサイト







F-1を見るんですね、知らなかった~
私は昔から好きで鈴鹿にも三度行きましたよ。
当時は確かに亜久里は日本人らしくない行動と発言で
どちらかというとアンチが多いドライバーでしたが
あの三位に入ったレースでは実際速かったですよ
一応英語が話せて、ドライバー達や海外メディアからの評判も良く
今回の参戦は亜久里じゃないと無理だったでしょうね。
一方の中嶋さんは典型的な日本人だったのでとても
ファンが多くて亜久利とは凄く対照的でしたねぇ・・・
中嶋さんはイメージほど良い人じゃないのですが(笑)

次の週末はマレーシアGPです、一週間なので厳しいですが
スーパー・アグリの進歩が見たいですね
下位チームの一台でも食っちゃったら
祝杯をあげるつもりです。

【2006/03/13 21:30】 URL | take #c4i4bSVc[ 編集]
セナじゃなく、プロストが大好きでした。
ピケ、マンセル、アレジ、振り向けばプーツェン…。
楽しかったなぁ、あの頃は。
【2006/03/14 01:36】 URL | 全身映像作家 #-[ 編集]
こんばんは(^^)以前にカキコさせていただいたことのあるF2層のひみこです。
あれからもずっとブログは読ませていただいていました。

亜久里さんのお話が出ていたので、わたしもちょこっと入れてくださいませ♪生意気、と言うか、強気、と言うか、の彼の発言を思い出して、とっても懐かしくなりました。あと○年後にはフェラーリで走る!とか優勝する自信があるとかそういうことを言っていたような気がします。
現実は・・・でしたけど、でもかなり好きでしたね^^;

今回のチーム参戦はかなりビックリしました。もちろんいい意味で。
いろいろ言われることもある人ですが、でも、本当に問題ありだったらこんな風にチームを持つことも出来ないだろうと思うんですよね。自分ひとりの力だけで出来ることじゃないですからね(^◇^;;
3位表彰台のあと、ベネトンからオファーがあったけど、やっぱり自分をそれまで支えてくれたスポンサーやチームに恩を感じてそちらを選ばなかったみたいですし。

実はメチャクチャセナのファンだったので、あれ以来年々F1に対する興味も薄れつつありましたけど、今年は亜久里さんのチームを応援しようかな、なんて思っています^^;

振り向けばブーツェン!懐かしいですね~彼はセナと大変親しかったみたいですね。マンセルとセナのモナコとか、アレジとセナのアメリカでのバトルとか、セナ絡みの思い出ばかりですが、なんていうんでしょう、見ていてドキドキはらはらするレースが多かった気がして、本当に昔のF1は楽しかったです。。。

長々とすみませんm(..)m
【2006/03/14 04:36】 URL | ひみこ #yE7IycBI[ 編集]
もちろん、覚えてますよ。F2層は『パチ姫~』のメインターゲットですので、忘れるわけがありません!お久し振りです。

セナがいた頃のF1…。
「KKコンビが活躍した甲子園」、「千代の富士~若貴フィーバーの大相撲」と並んで、僕の年代(M1層の土俵際)に於いては特別な思いがあります。

レースを観終わった後、興奮冷め切らぬ中で聴く『IN THIS COUNTRY』…。窪田等さんのナレーションが光る『グランプリ総集編』…。懐かしいなぁ。

亜久里が好きだったんですか?珍しいですよね。まあとにかく、昨年 大いに期待を裏切ってくれた琢磨には、死ぬ気で頑張って欲しいです。
【2006/03/16 22:38】 URL | 全身映像作家 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 全身映像作家, All rights reserved.