FC2ブログ


Recent entries
2020/02/20 (Thu) 2/19 PARIS…
2020/02/18 (Tue) 2/17 せんべい日和

永いあいだ、私は“結婚しない族”であると言い張っていた。それを言い出すたびに女性たちは笑い、しまいには自分が否定されているのかと思って、この色白の日本人らしくない子供じみた顔を、かるい憎しみの色さした目つきで眺めた。

初恋は、3才のとき。東京育ちの両親、そして一つ上の姉と共に、私はその頃、北関東の小さな田舎町での暮らしを始めていた。祖父が創設した医療器具製作会社の工場が、これは今も青木家の七不思議の一つであるのだが、なぜかこの街に移転されたのだ。その当時、母親は「約束が違う!」と激怒したそうだが、私にとっては幸運だったと、今も思っている。教育熱心な母親は、可及的速やかに、その土地では珍しい私立の幼稚園を探し出した。一向宗の青木家を蔑ろにする訳ではないだろうが、そこは臨済宗のお寺が経営する幼稚園だった。年少組に編入した男勝りの活発な姉は、初めてとなる送迎バス通学を微塵の躊躇も無く受け入れた。内向的だった私は、しばらくのあいだ、その姉を見送りに行くことさえ出来ずにいた。

柱にしがみつき泣いて嫌がる私を、母親が無理やりその場へ連れ出したのは、2月14日のことだった。その日は私の誕生日であり、姉の担任でもある石井先生が送迎バスに添乗することになっており、その彼女が私にプレゼントを渡したいと、今思えば「引き篭りの私を外へ誘き出す」完全な策略だが、言っていたというのだ。以前より、姉から噂話を聞いていて少なからず石井先生に関心を抱いていた3才の私は、その罠にまんまと嵌り、バスの停留所へ向かう姉と母親の後ろをトボトボと付いて行った。

つづく
スポンサーサイト







これで、毎日の楽しみが増えましたよー!それにしても、漢字がムズカシイ…
でもこれも文章の表情(?)のひとつということで、頑張って読みます。
【2005/08/02 09:43】 URL | あこ #-[ 編集]
何それ?初めて聞いたぜ、そんな言葉。ちょっと感動。ってそれよりか、誰が毎日更新すると言ったよ?(笑)
まあ、仰る通り、漢字が読める読めないは別の話として、確かに読み難いかもしれません。気を付けます。
【2005/08/02 23:08】 URL | 全身映像作家 #-[ 編集]
東京の男の人って普通に、ナントカだぜ!とか言うんですか?凄い…。
日本語って面白いよね、漢字、ひらがな、カタカナを使い分けて、いろんな雰囲気を作れるもんね。
【2005/08/02 23:51】 URL | あこ #-[ 編集]
文章の表情だぜ!
なんて言わねぇよ、「だぜ」なんて。…でも、たまに言うかも。「たぜ」の方が比較的良く使うかな?知らん!
【2005/08/03 00:10】 URL | 全身映像作家 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2020 全身映像作家, All rights reserved.